母に言われて脱毛をスタート

私は必要ない毛がたくさんあります。

必要ない毛が多すぎて必要ない毛処理に苦戦するタイプです。

けれどもムダ毛についてそこまで関心を持っていませんでした。

別に必要ない毛があってそれほど困る事もないしと思って、普通に生活してきました。

脱毛サロンに行こうと思ったのはあまりに母が脱毛サロンを推奨してきたのです。

母は私と同じく必要ない毛が一杯生えています。

完璧に母似な私を母はすごく気にしていました。

そのような母に何度も何度も「脱毛に行きなさい」と言われたのです。

私はそれほど気にしていないのに、母はその発言を続けました。

どんなに脱毛を断っても、「必ず行った方が良い」と薦めてくるのです。

あまりにしつこく勧めるものですから、私も「そこまで言うなら行ってみようか」という気に掛かりました。

どうやら母は昔必要ない毛の事で諸々と気の毒な目にあったらしいです。

だから同じ想いも私に味合わないようにと脱毛サロンを勧めてくれました。

その押しに負けて私は脱毛サロンを受けようと思ったのです。

母がそこまで言うならと思って私は脱毛をしました。

そうやって脱毛をしてから思ったのは、母の言う事を聞いて良かったなという事です。

母に言われて脱毛サロンへ行ったけど、嫌々行きながらどんどん脱毛サロンに行って良かったという心境になっていきました。

その後私には大好きな人ができて、その大好きな人が「必要ない毛が少ない子が好き」と言う事で付き合ってくれたのです。

だから母の言う通り脱毛サロンで脱毛を受けておいて良かったと考えます。

母の言う通りにして私はすばらしいな恋人ができました。

脱毛に勤しむ女性

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です